森田敏宏 パーフェクトブレイン

パーフェクトブレインの効果が発揮できるのはこのような人

最初に東京大学医学博士の「森田敏宏」先生が開発した天才脳開発プログラム「パーフェクトブレイン」の効果を発揮できる人の特徴をお知らせしたいと思います。

 

ただ単に「頭が良くなりたい」「天才になりたい」といった漠然とした動機で「パーフェクトブレイン」を実践してもそれほどの効果は期待できないでしょう。

 

しかし以下に挙げる動機は貴方にとって「パーフェクトブレイン」は一生涯の無形資産になることは間違いありません!

 

「頭が良くなって家族や人々をもっと幸せにする方法を見つけたい」

 

「天才脳を手に入れて文明を躍進させる新しいプログラムを開発したい!」

 

「東大の理科三類に入って沢山の救えない命を救いたい」

 

「世界中でビジネスをし沢山の人々と人生を謳歌したい!」

 

「最先端のAI技術を開発したい」

 

「宇宙開発に参加して人類の文明の進化に貢献したい」

 

「成績優秀になって目標としている大学に入りたい」

 

「より効率よくビジネスを展開し、億万長者になる為の智恵を得たい」

 

これらの、明確な目標や動機があることにより貴方はストレスなく「パーフェクトブレイン」の恩恵を受けることができます。

 

あなたを突き動かす強い原動力があることによりさらに「パーフェクトブレイン」を有効活用できると言えます。

 

仮に上記のような動機や原動力がないと途中で飽きたり、「別に天才脳を手に入れなくても生きていけるし、」といった他に逃げる為の理由を探したりする可能性があるので、まずあなたが心底達成したいと感じている目標があることにより天才脳を必要とする理由ができるので「パーフェクトブレイン」に集中できるのです。

 

それから、人間は選択する時にパワーを使います。

 

例えば、パーフェクトブレインを実行しようか、しないか、その選択に迫られた時に悩んで決めることはムダなパワーの消費に繋がります。

 

しかし、ここ言っているのは選択する余地があるとゆうことが前提で説明しています。それは、金銭的、肉体的、時間的といったことで問題を抱えていないとゆうことです。

 

生活すらままならない経済状況で「パーフェクトブレイン」を購入するかどうかは迷う以前の問題でもあります。しかし、このような状況でヤルことを選べる人はごく少数であり、成功する可能性は高いといえます。しかし、リスクも高いのでそれなりの人格や忍耐力が必要になります。

 

肉体的な問題があって重篤な病気に侵されていたり、目が見えない、言葉が喋れない、耳が聴こえない、手足が使えないといった状況にある人も人格と忍耐力、根気が必要になるでしょう、しかし、人間はそれでも諦めたり投げ出さないだけの強さを持っているのです。

 

時間的な自由が無い場合は子育ての真っ最中や介護、過酷な就労状況など、このような状況ならまずそれらを解決しないことには、集中するとゆうことに支障がでてきます。ですが、「時間は作るもの」とも言われているので不可能ではないでしょうが、どれだけ周囲の協力を得られ、自分の行動力で環境を変えることができるかにもよります。

 

以上のことを踏まえてここからは選択の余地がある人に限っての話になります!

 

選択を迫られた時、なるべく早く、できれば30秒以内に決断する必要があります。

 

それはなぜか?

 

どちらを選んでもあなたが選んで決めたことですから、得られる結果は同じとゆうことになるからです!

 

どんなに悩んで迷ってもあなたは同じ選択をするでしょう!

 

それは、あなたそのものですから!

 

やるか?やらないか?

 

人生は日々いろいろな選択に迫られます。

 

その選択をするにあたりいちいち迷って選択するようでは直観を鍛えられませんし、さらにそこでパワーを消耗しても燃費効率が悪すぎます。

 

パワーを使わなくてはならないもっと重要な事柄は沢山存在するとゆうことです。

 

迷ったらヤル!そして決断は30秒以内!

 

失敗してもそれはあなたの経験になり、智恵になり、より成長できるでしょう!

 

一番最悪なのは、失敗を恐れ迷った挙句何もしないこと、挑戦しないこと、、、

 

人間は誰だって失敗したくないし、恥もかきたくない、痛みだって感じたくない、

 

できれば楽して、結果も出したいし、成功したい!

 

人間だからこう思うのはごく当たり前で正常な心理です。

 

ですが、この世界の原則からするとそれは不可能です!

 

それでは、我々人間や生物はどうやって進化してきたのでしょうか?

 

それは、過去にいろいろな経験をし、過酷な環境の中でいかに生きていくために身体を変化させ、気の遠くなるような時間をかけて太陽から降り注ぐ有害な放射線を浴びて染色体を破壊され、そしてさらに優秀なDNAへと進化をし今の生命、私たちが存在しているのです。

 

太陽が生まれ、地球が誕生した時から生命は存在するはずもなく、沢山の経験を経て、生きる為の智恵を身に付けていったのです。

 

それは、原則なので変えることはできないのです。

 

明日の太陽は西から登って東に沈むでしょうか?

 

不可能です!

 

これが、絶対不変の原則です!

 

だから、今の私たちが進化する為には常に挑戦が必要になります。

 

失敗もするでしょう、恥もかくでしょう、痛みだって伴うでしょう!

 

しかし、その経験を経て智恵と優秀な頭脳を得ることになります!

 

その智恵と頭脳を使い、自分の理想とする人生を歩むことだって可能になるでしょうし、困っている誰かを助けたり、社会や環境問題だって解決できるのです!

 

自分の目標を実現に向けて実行するにあたり、計画を立てていくことが必要になりますが、期間を設定することでゴールが見えてくるはずです。

 

しかし、ここでも問題があります。その目標達成に向けた計画を立て「このぐらいの期間は必要だな」と今までの自分の経験を考慮したりして、安全圏を見て期間を長く取り過ぎるとそれでもパワーを消費していきいます。

 

上記に挙げた選択するのに迷ってもパワーを消費するのと感覚的には近いものがあります。

 

迷うことや、実行するまでの時間がかかるとパワーはどんどん消費して垂れ流していくとゆうことです!

 

このようなスタイルや習慣だと行動に移すまで、腰が重く感じたり、途中で飽きたり、他の事に関心が移ってしまい結局、目標を達成する為の行動すら移せないで終わるでしょう!

 

何か達成したい目標がある時は最短最速でゴールまで行ける計画を立てて行かないと途中で燃料切れになってしまうので注意が必要になります。

 

自分にプレッシャーを掛けて「ちょっとキツイんじゃない」ぐらいで見た方が確実性はあるとゆうことです。

 

逆もしかりですが、、、

 

これは、自分のサジ加減といったところですが、これも経験ですので失敗しても次に生かせます。

 

「パーフェクトブレイン」の話から少しずれてしまいましたが、このサイトを見つけて記事を読んで頂けてるとゆうことは、少なからず「パーフェクトブレイン」をやってみようか「迷っている」「悩んでいる」とゆう人だと思います。

 

ですから、今解説した記事はあなたが「パーフェクトブレイン」の効果が発揮できるかどうかの判断基準の一つにはなったのではないでしょうか?

 

パーフェクトブレインの開発者である「森田敏宏」先生とは

パーフェクトブレインを長年の研究により開発した「森田敏宏」先生は東京大学医学博士であり東大の最難関である「理科三類」を卒業した筋金入のエリートです。

 

このサイトに興味をもって「森田敏宏」先生、「パーフェクトブレイン」の情報を探す為にこの記事を読んでいるあなたは常に向上心を持って、現状に満足することなく新しいことに挑戦をする勇者だと私は思います。

 

なので、あなたは現状でも優秀で知識も豊富だと思いますが、情報として「理科三類」通称(理V)がどのような所なのか聞いたことのない方の為に説明します。

 

東京大学にある理科三類とゆう学部は医者や研究者などになる人が行くところですが、そもそも理科三類に合格するにはかなりの競争に勝たなくてなりません。

 

 

SEO対策相互リンク集

 

相互リンク集

 

相互リンク集

 

雑学事典